水ダイエットカテゴリの記事一覧

水ダイエットの注意点

ダイエット効果を得るために、水ダイエットで日に2〜3リットルの水を摂取しましょう。
人によっては、水ばかりを延々と飲み続けなければならない水ダイエットが大変だと感じることがあります。
最初のうちは味のない飲料が辛いかもしれませんが、慣れると逆にジュースやコーヒーなどの味が濃すぎるように思えてきます。
水しか飲めないという環境は、序盤は結構苦痛です。
水の飲み過ぎは血液の濃度を薄めるので、これ以上飲み過ぎないようにと脳から命令が出ることもあるようです。
体調の悪さを押して無理矢理に水を摂取しつづけていると、胃腸に不調が出ることもあります。
大量の水を無理矢理流し込んでいると食事が取れなくなり体力が落ち、水ダイエットの続行が困難になることもあります。
もう飲みたくないという状況になってしまった時は、1日に絶対に2リットルを飲まなければ駄目だと考えず、いつもより多めに飲もうとすることで、過度のストレスを回避することができます。
ダイエットのために水を飲むならば、尿の色が薄まって淡いイエローになる量の水が目安になるでしょう。
逆に、おしっこの色が濃い黄色なら、もっと水を飲んでください。
無理に水を飲もうとするより、ペットボトルや大きめのグラスに水を入れておき、手に届くところに置いておくとダイエットを楽に続けられます。
この方法だとごく自然に水に手が伸びますので、無理をせずともいつの間にか相当量の水を摂取することができます。

水ダイエットで飲む水

ダイエットに向いている水とは、どういったものでしょう。
水ダイエットにおける水の重要性はいうまでもありませんので、できるだけ条件に合致したものにしたいものです。
水道水は水ダイエットには不向きです。
消毒のために塩素が大量に含まれており、たくさん飲むこと自体が健康によくないからです。
当たり前の話ですが、カロリーのあるジュースや砂糖の入ったお茶は、水ダイエットには不向きです。
水ダイエット中は水か茶類の摂取を心がけましょう。
あるいは、有料のミネラルウォーターという選択肢もあるでしょう。
硬水と軟水の2種類のミネラルウォーターが販売されています。
硬水とは、1000ccの水の中に120g以上のミネラルイオンを含む水のことを指しています。
それよりミネラルイオンが少ない水を軟水と呼び、水分中のミネラルの量で区別しています。
ダイエットのために食事を少なくしている人や、運動を増やし汗をたくさんかいている人は何らかの形でミネラルを取り入れる必要がありますので、硬水を利用してミネラル成分の補充するといいのではないでしょうか。
ミネラル豊富な硬水は、ミネラルが少ない軟水と比べて、空腹感が満たされやすいのです。
浄水器をつけた水道水を使うという方法もあります。
長い目でみれば、毎回ミネラルウォーターを購入するよりも安上がりです。
ただし、浄水器は機種によって性能も様々で価格も千差万別なので、いっぱい飲むことを前提にしっかりとした事前リサーチが必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。