ダイエットエクササイズの裏技

ダイエットエクササイズを始める限り、なんとかその効果が出てきたことを実感したいと誰もが願うことでしょう。
ダイエットエクササイズの進め方には、裏技といえる法方があるのです。
ダイエットエクササイズの前後で飲むもので、裏技を発揮できます。
ダイエットエクササイズ中に、こまめに水分を摂るのは今や当たり前ですが、ダイエットエクササイズ前に飲んで、代謝をアップさせる飲み物があります。
カフェインを含んでいるコーヒー、紅茶や緑茶などが、代謝をアップさせる力を持っているのです。


このカフェインを含んだものをダイエットエクササイズ前に摂ると、交感神経が刺激されて、体内にある脂肪の分解が活発になります。
また、生姜は体温を上げ代謝アップに一役かってくれるので、生姜をすりおろした生姜紅茶は特にお薦めです。


ダイエットエクササイズ終了後に飲みたいものが、アミノ酸やプロテインの入った飲み物です。
エクササイズによって刺激された筋肉には、しっかり栄養を補給してあげるようにするといいのです。
プロテインと聞くとなんとなく筋肉を作り上げるためのものと思いがちですが、アミノ酸やプロテインは大変優れた栄養補助食品で、筋肉を形成するのみならず、体の重要な組織、皮膚や爪、髪の毛などを作るのに必要なたんぱく質を、効果的に補給してくれるのです。
たんぱく質は肉類等にも含まれていますが、脂肪分も一緒に含んでいるので、運動したからといってお肉をたくさん食べるのはダイエットエクササイズには逆効果なのです。
ダイエットエクササイズを始めるには、正しい知識をきちんと頭に入れて、健康的にエクササイズしてダイエットを目指しましょう。


ダイエットエクササイズを実践する

ダイエットエクササイズの中でも大変簡単な法方のその場歩きをご紹介いたします。
このダイエットエクササイズでは、背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、肩を落としてあごを少々引き気味にし、首を伸ばすようにします。
その場歩きの際は、いつも初めにこの姿勢を整えてから始めるようにしましょう。


次のダイエットエクササイズですが、足を90度より少し低いくらいまで上げ、ひざから下を90度くらいに曲げます。
このとき気をつけなければならないのは、自分では90度に足を上げているつもりでも、なかなかしっかりあがっていないということで、少し上げすぎかな、というくらいでいいでしょう。
そして腕を振るのですが、上腕から腕全体をちょうど遠くに伸ばすような感じで振り、決して勢いよく振らないようにしましょう。
1分間に往復で40回くらい歩くのが、ダイエットエクササイズで脂肪を燃焼させるのに理想的な速さです。
足や腕が正確に動かされている事により効果が上がりますから、時々速度を落として姿勢や足や手の動きに意識を集中します。


エクササイズ中は、お尻をキュッと締め、お腹に意識を集中させることも大切なポイントとなります。
テレビを見たり、何か音楽を聴きながらでもできることが、このダイエットエクササイズの魅力でもあります。
1度に行う時間を長くする必要はなく、全体で20〜25分くらいの長さのエクササイズができるといいでしょう。
持久力も上がり、脂肪の燃焼も期待出来るダイエットです。


ダイエットエクササイズとメリット

ダイエットエクササイズの法方は、どういうものなのでしょうか。
エクササイズの意味は、運動をすることにより、健康を維持することです。
つまりダイエットエクササイズとは、美しく痩せるために、健康的な体の動かし方によって余計な脂肪を効果的に燃焼させるダイエット法なのです。
時々目にする特定のものを食べるだけで痩せる、というようなダイエット法とは全く考え方が違うのです。


メタボリックシンドロームが社会問題になっている現代では、継続的に健康的なダイエットができる法方は貴重だということができます。
ダイエットエクササイズには特に定められたプログラムというものはなく、自宅で行えるものばかりです。
専用のDVDを見ながら行うかなりハードなダイエットもあれば、誰でもできる簡単なものもあり、その種類は様々です。


ダイエットエクササイズの最大のメリットは何かというと、何よりも簡単に気軽に始めることができるという点でしょう。
スポーツジムに通う事に比べて敷居が低い為、運動の経験が無い人でも気軽に始める事が出来るダイエットです。
ストレスをためがちな食事制限もなく、器具を購入することもなく、お金をかける必要もないということも、大きな魅力だということができます。
適度な運動がストレスを解消することになり、筋力向上にもつながる上に、基礎代謝を上げることができるという点も、大きなメリットです。
基礎代謝とはどういう状態であるときでもエネルギーを使う基本的な消費のことで、筋肉がついていれば寝ているときでもじっとしているときでも体内の脂肪を燃焼しやすくなるというわけです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。