βグルカンのサプリメントの原材料

βグルカンのサプリメントは、大きく分けてキノコ由来のものとパン酵母由来のものに分かれます。
日本国内のサプリメントについては、キノコを原料としたβグルカンを使っているものが多いようです。
βグルカンのサプリメントは大量に摂取しなければ効果のないものもありますが、これはもともとキノコのβグルカン含有量が少ないためです。
中にはキノコを乾燥して粉砕するだけで製造し、キノコの純度を盛んに喧伝するサプリメントもあります。
キノコ系の材料を使ったサプリメントは数多く存在します。研究されてきたデータや知名度の点から見て、βグルカンのサプリメントはキノコを原料とするもののほうが信頼できます。
パン酵母からは、純度の高いβ1,3Dグルカンを安価かつ大量に作り出すことができます。
しなしながら、キノコから作られる微妙に枝分かれした分子を持ったβグルカンのほうが、純粋なβ1,3Dグルカンよりも免疫系に大きく作用するという考え方もあります。
βグルカンを扱っている商品には、成分含有量や成分の純度だけを売りにしているようなものもあるので、購入の際には注意が必要です。
パン酵母由来のβグルカンは水に溶けにくい性質を持ちます。
このため、通常の食物繊維のように吸収されることなくほとんど排出されてしまいます。
こうしたことから、βグルカンを経口摂取したとしても、人体に効果があるのかないのかについては、いまだ疑問が残るとされています。

βグルカンのサプリメントの選び方

βグルカンを含むサプリメントには様々なものが出回っています。
βグルカンはサプリメントとしても高価な部類に入るばかりでなく、効果を得るには継続して服用しなくてはならないため、商品を選ぶ際には慎重さが求められます。
高いからいいというものではなく、信用のできる業者のものでなければなりません。
βグルカンのサプリメントの使用者の言葉は宣伝文句としてはわかりやすいですが、基礎データや成分表示などの地味な部分にも目を向け、納得のいくβグルカンのサプリメントを選びましょう。
商品の詳細ではなく、使用者の声で目立った効果をあげたものを重点的に紹介したりしているものもあります。
βグルカンには、エスカレートした宣伝で言われるほどの効果は本当にあるのでしょうか。
βグルカンに限らず、サプリメントの購入の際には、商品の成分表示などの基礎的データをしっかりと読み込んで理解した上ですべきであり、使用者の声については参考程度にとどめるべきです。
成分表示がはっきりとしており、誇大な表現がなく臨床データが豊富な商品がよいでしょう。
抗ガン作用があるとされるβグルカンは、それだけを取り出して重さを量ることが難しいため、サプリメントを選ぶときにはその点に注意をしておきましょう。
βグルカンの重量がグラム単位で表示されているようなサプリメントは警戒を要します。
食物繊維であるβグルカンから抗ガン作用がある部分のみを取り出して重量計測することは、複雑に絡み合った繊維からの分離が必要となるため、非常に困難だからです。
従って、βグルカンサプリメントのCMにmg単位でβグルカン含有量が表示してあったとしても、額面通り信じていいものではないのです。

ベータグルカンサプリメント選びの注意点

ベータグルカンサプリメントを選ぶ場合、どんなことに注意したら良いのでしょうか。
ベータグルカンを豊富に含むものは、ハナビラタケ、メシマコブ、アガリクスなどのキノコ類で、免疫力向上に特に効果の高いものだといわれています。
キノコ類以外では、パン酵母菌がベータグルカンを豊富に含有します。
ベータグルカンのサプリメントは最近、パン酵母から抽出した成分を多量に使っているといいます。
高濃度のベータグルカンのサプリメントを売り文句にしており、パン酵母から作ると純度の高いベータグルカンが大量に得られるのが特色です。


パン酵母からベータ1,3Dグルカンが大量に作られていますが注意する点があります。
実はベータグルカンの分子は多様性のあるキノコ由来の方が効果はあると考えられています。
ベータグルカンは微妙な枝分かれの度合いが免疫系に働きかけるともいわれているからです。
この点でベータグルカンサプリメントを選ぶ際は注意しましょう。
実際に薬剤として使われているベータグルカンは全てキノコ由来のようです。


ベータグルカンに関しては、非合法なサプリメントが多く存在しているのも事実です。
輸入商品によるサプリメントは、非合法で怪しげなものもありますので、十分注意してから買うようにしましょう。
さらに気をつけなければならないのは、俗にいうバイブル本や研究所本です。
ベータグルカンのサプリメントを探すに当たって参考にする場合は注意が必要です。
詐欺まがいのサプリメントには、身近な人、大切な人の不運で何かにすがりたい時であればなおさら注意して、本当にいいサプリメントはどんなものなのかをきちんと見極めることが重要ではないでしょうか。


ベータグルカンのサプリメントの選び方

ベータグルカンは高価な栄養補助食品で、よくあるビタミンやカルシウムのサプリメントと比較するとなおさらそう思うでしょう。
ベータグルカンのサプリメントはこのように高価なものですから、失敗しないよう確実に効果のあるものを選びましょう。
飲んですぐに効果のあるものではないベータグルカンは、継続して摂取しつづけることで効果をあらわすものです。
ということは、ベータグルカンのサプリメントを、継続して購入し続けることができる費用のものを選ぶことが不可欠になります。


価格の高いベータグルカンのサプリメントを探すと限りがありませんが、高ければ良いというわけではありません。
大事なのは、ベータグルカンの含有量がmgで表記されているものを探すことです。
これがベータグルカンのサプリメントを比較する場合のポイントになります。
含有量が明記されていないサプリメントは論外です。
サプリメントの中には、○○の5倍などと書かれているものがありますが、キノコ類のベータグルカンは元々低いので、参考データとはいえません。
例をあげると、100円分の商品に含まれるベータグルカンの量で比較すると明確になるのではないでしょうか。


一口にベータグルカンといっても細かな分類があります。
ベータグルカンの中でも、免疫力にいいものはβ1,3D結合を持つベータ1,3Dグルカンだそうです。
ただベータグルカンの総含有量を調べるだけではなく、ベータ1,3Dグルカンの含有量を確認することがベータグルカンサプリメントの選び方にとって重要なことです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。