ダイエット停滞期を乗り切るコツ

ダイエットの停滞期は、もちろん個人差はありますが、2週間から1ヶ月くらいだといいます。
ダイエットの停滞期に入るとどうしても焦りが生じ、ダイエット運動をさらに激しくしたり、食事制限も増やしたりして、体重を落とすことに躍起になってしまいます。
ダイエットを始めると、順調な時期が来れば次は停滞期で、その繰り返しだとも言われています。ある意味ではダイエットが順調な証拠ですので、停滞期だからと焦らずに、ゆとりを持ってダイエットを乗り切ることも必要で、ダイエットの停滞期はあえて体重計に乗らないというのも一手です。


停滞期で気をつけてほしいのは、ストレスから追い詰められないようにすることと、ダイエットをやめてしまわないことです。
この時期アミノ酸を摂取すると、こんな停滞期を少しでも早く終わらせることができるといわれています。
アミノ酸を摂ることで、身体が飢餓状態にあるとわかりにくくなるため、ダイエットの停滞期をすばやく終了できます。


停滞期はダイエットにつきものの避けがたい時期ですが、それでも気長にダイエットを続けてさえいれば、そのうち終わりの来るものです。
この停滞期は、ダイエットを始めた人には必ず訪れる時期なので、そんな時期があることをしっかり認識してさえいれば、きっと成功します。


ダイエット停滞期の注意点

ダイエットの停滞期中にもっとも気をつけなければならないのは、精神面のケアです。
ダイエットのための努力をいくらしても思うようにやせられないために自暴自棄になって、急激に食への執着が激しくなり、過食傾向になってしまうという場合も、決して少なくないようです。
それが結果的にどんどん悪循環を生み、過食とダイエットを繰り返し行ってしまうという、最悪のパターンもあり得るのです。


無理なダイエットは、身体だけではなく精神まで痛め付けられてしまいます。
ダイエットの結果ばかりを求めて焦ることは、決してダイエットを成功させることにならないでしょう。停滞期の期間はリバウンドしやすいので要注意で、また停滞期がやってこないダイエットはもっと危険なので気をつけましょう。


激しいダイエットで、1ヶ月以内に体重の10パーセント以上を落とすようなときには、停滞期に入ったと気付くのもむずかしいくらいの早い時期に、ダイエットの停滞期が訪れることがあるようです。
無月経や栄養失調を誘発する可能性も考慮しなくてはならないほどなので、くれぐれも無理なダイエットは控えるようにしましょう。
リバウンドをしてしまえば、何の為にダイエットを頑張ったのか分かりません。
やはり理想を言えば、体重ばかりを気にせずに、気長に健康的にできるダイエットを選ぶことでしょう。


ダイエット停滞期とは

ダイエットを始めてから数週間もたつと、それまで順調に減り続けていた体重が、いきなり変動しなくなる時期があるのですが、これをダイエットの停滞期といいます。
ただでさえストレスのたまりやすいダイエット期間中、さらに焦りや不安を覚えがちな停滞期に入ると、焦りが頂点に達してダイエットをあきらめ、反動で暴飲暴食に走ってしまうケースもままあるようです。
ダイエット中、好きな食べ物もぐっと我慢し、涙ぐましい努力をするにもかかわらず、結果が出てこないとしたら、こんなに腹立たしいことはないでしょう。


何故、ダイエットの停滞期は訪れてしまうのでしょうか。
人の体は、摂り込まれるカロリーが少なくなると、その体が今持っている体脂肪を燃焼させてエネルギーにしようとするものです。
これがダイエットを始めてしばらくの間の体脂肪が減る、楽しい時期です。
そんな時期も開始から3週間もたつと、身体が徐々にその状態に慣れていくのです。
身体がいわば飢餓状態になる、これこそがダイエットの停滞期の意味なのです。


そのため特別な運動をしなくても消費されるカロリー、つまり基礎代謝量が減少し、脂肪燃焼が行われにくい身体になってしまい、ダイエットはますます難しくなるのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。