腹筋ダイエットでシェイプアップ

脇腹や上腹の腹筋も、腹筋ダイエットで強化しましょう。
上腹の腹筋ダイエットは、胃などの出っ張りを押さえることができ、正しい姿勢を保つ働きもしますので、簡単な上腹の腹筋ダイエット運動で鍛えましょう。
腹筋周りの運動はやりすぎると腰痛などの原因になります。
背中を伸ばしすぎず、適度に力を抜いて背を心もちかがめて腹筋を鍛える運動をしてください。
仰向けに寝て両ひざを立てて、両手を上腹部に置きます。
次にあごを引き、背中を丸めるようにしながら、上体をゆっくりと起こしていきます。
そして、上腹部の筋肉に力が入り、かたくなった状態で5秒間キープします。
最後はゆっくり最初の状態に戻します。
一度身を起こしてまた戻るまでを1セットと数え、日に10セットを目標に掲げて頑張りましょう。
腹筋ダイエットをする時には、すぐにヘバってしまわないようにできる範囲で続けていくようにしてください。
脇の腹筋も鍛えれば効果は倍増です。
ウエストを左右にひねる運動で、くびれたウエストラインを目指しましょう。
このわき腹の腹筋ダイエット運動も簡単です。
椅子を一客用意してください。
その椅子に軽く座り、腕をまっすぐ前方に伸ばします。
足を軽く開いた状態で、椅子の背もたれを掴めるくらい体を後にねじってください。
椅子の背をつかんだままの姿勢で5秒数えてから、元の姿勢になるまで戻ります。
左右で1セットとし、10セット行いましょう。
腹筋ダイエットは動作を覚えることも簡単ですし、どのような人でも手軽にチャレンジできるダイエット運動であるといえます。
即効性は薄いかもしれませんが、毎日続けて行うことで着実に結果が出てくるものが腹筋ダイエットです。
生活習慣に組み込んで長く頑張っていきましょう。

筋肉意識でおなかダイエット

一般的な腹筋運動だけでなく、日々の体の動きの中にさりげなく取り入れることで効果的に腹筋を鍛えることができます。
例えば、日常の動作の中で立っていることは誰しもあるでしょう。
歩行時や電車やバスを待つ時は立っています。
下腹部に力を入れて、おなかの筋肉を意識して立つような習慣をつけましょう。
日頃はあまり腹筋の存在を感じたことはないかもしれませんが、腹筋を意識することで姿勢も正され、ウエストも引き締まります。
体を曲げる時に使う腹筋を佇立姿勢でも鍛えることによって、体全体のバランスがよくなり、理想的なくびれのあるお腹を自分のものにすることができるでしょう。

また、腹筋に力を入れて背筋を正しながら立つことで、全体的な印象をぐっと若く見せることができます。
逆に背をまるめていたのでは、実年齢より老けて見えることが多いようです。
ウエストに脂肪を溜め込みやすい女性にとって、腹を鍛える腹筋ダイエットは腹筋を意識するいい機会といえます。
腹筋が弱いと腹の脂肪を抑えきれずにボッテリとでっぱった腹になってしまいます。
それでいて、女性の体は卵巣や子宮などの大事な臓器を守るための脂肪がなくてはならないのです。
脂肪が腹からたるまないよう、布団に入る前などの毎日の運動によって復帰を鍛え、シェイプアップ効果をはかっていきましょう。

腹筋ダイエットでは、仰向けの姿勢になってひざを曲げ、胸元まで引き寄せてから戻すという動作を10回行ってください。
下腹に力が入っていることを意識して行うことがポイントです。
起床後にすぐにこの運動をすることで、寝ぼけている体にも活が入り、腹筋が鍛えられるだけでなく体が爽やかに目覚めるという効果も期待できます。

おなか痩せには腹筋ダイエット

多くの人が、ウエストについたままでなかなか取れない脂肪を気にしているのではないでしょうか。
お腹の出っ張り対策にとスポーツに打ち込んでも、意図した通りに腹の脂肪を減らせるものではありません。
おなかのぽっこりをなくすには、おなかのたるみを防ぐことが大切です。
たるみを効果的に防ぐには腹筋ダイエットがおすすめです。


腹筋をダイエット運動によって鍛えることによって、お腹のまわりをシェイプアップします。
おなかについた脂肪は、腹筋が強くなり酸素が必要になるにつれて燃えやすくなることが期待できます。
代謝機能がアップすると、痩せやすく太りにくい体質になりますので、おなか痩せには腹筋ダイエットが効率的です。


しかし、たいていの人は、辛くてきつい腹筋運動をしたいとは思っていないでしょう。
確かに学生時代、体育の授業で習った腹筋運動は、厳しいトレーニングに耐えるといったイメージを植え付けるものではなかったでしょうか。
ダイエットは継続が肝心ですが、たいていの人は、辛いことを無理に行うことは困難を感じるはずです。
しかし休んでしまうと、筋肉が再び衰えていきます。
過負荷のかかる辛いだけの激しい運動を無理に続け、したくないことをしなければならない時間を設けるダイエットは、長続きが困難となります。
ダイエットが苦行にならないように気をつけながら、気づいたら結果が出ていたというくらいを目指し、腹筋をする習慣を生活の中に適度に取り入れていきましょう。



手軽に出来るお腹ダイエット

お腹ダイエットは大変手軽に行えるダイエット法ですが、効果的に行うには姿勢や呼吸法はきちんと知っておかなければならず、始めたころや運動が不慣れな方は多少疲れを感じるかもしれません。
もっと簡単に出来るお腹ダイエットの法方をご紹介すると、それはきちんと朝ごはんを食べることです。


ところで、すぐき菌ダイエットというのがあるのですが、これは乳酸菌の力を借りてお腹のぽっこりを無くそうという手軽に出来るお腹のダイエットの1つです。
そのため腸内細菌のバランスが保たれ、便秘、下痢といった症状がなくなります。
お腹ダイエットを行っているときには、もってこいの食品といえるでしょう。


ヘソさすりもお腹ダイエットの効果が期待できる方法で、へその周りをマッサージすることで、お腹の代謝を高めようというダイエット法です。
このダイエット法は、お腹の肉が分厚い上に硬くて冷たい人には特にお勧めしたい方法です。
冷え性の予防にもなり、美肌効果もあるので、家事や仕事の合間のちょっとした時間に試してみましょう。
体や気持ちに負担をかけないような法方を選ぶことが、お腹ダイエットを成功させるための秘訣になるかもしれません。


お腹ダイエットに効果的な体操法

お腹周りを引き締めるためには、ダイエット体操をすると効果が現れます。
お腹ダイエットのためには、この運動を左右それぞれ10回ずつ行うと、効果があがるでしょう。
いすを使ってお腹ダイエットを行うこともでき、これにはまずいすの背もたれに寄りかからないように気をつけて腰掛けます。
そしてぐっと腹筋に力を込めながら足を持ち上げ、そのまま30秒間じっとする、という運動を左右10回ずつ行いましょう。


ほかにも大変手軽に行えるお腹周りのダイエット法があり、それは腰のツイスト運動で、お腹周りを集中的に動かすだけというとても簡単な運動ですが、これでもしっかりお腹周りの運動にはなります。
また腹筋運動をするときにツイストを加えて行うと、さらに効果があがるでしょう。
お腹ダイエットでは、お腹の周辺に意識的に力を入れることと、深く呼吸をすることが重要です。


お腹ダイエットは空腹なときに行うのが望ましいのですが、終わった後はしっかりと水分、栄養を補給しましょう。
ただし生理中、それから妊娠中もお腹ダイエットは控えてください。
すぐに効果が現れてくるものではありませんが、毎日継続して行っていけば、必ずその効果を感じるようになりますので、気長に続けるつもりでダイエットに励みましょう。


お腹ダイエットのすすめ

ダイエットをしてまず減らしたい部分は、何といってもお腹でしょう。
健康維持のためにも内蔵脂肪は気になるものですし、生活習慣病予防としてのメタボ問題は意外と深刻なものです。
ダイエットに励んでも、脂肪がつきやすいウエストはなかなかスリムになることができません。
骨や筋肉で守られていない脂肪の部分は、ジョギングや腹筋運動では痩せにくく、ダイエット食品等による食事制限でもなかなかダイエット効果が表れません。


腹部の邪魔な脂肪をどうにかするには、ピンとした姿勢を保ち、ゆっくりと深い呼吸をする習慣をつけることです。
それだけでダイエット効果が期待できます。
ダイエットに効果のある体操やエクササイズを毎日続けることも、お腹の脂肪燃焼には効果のあるダイエット方法です。
リンパの流れを向上させることで脂肪が燃焼し、代謝がよくなって脂肪がつきにくい体に改善されます。
いずれの場合でも1日2日で効果が出るものではありませんので、ダイエットメニューを習慣にして継続できるようにしてください。


女性の場合、産後にダイエットに取り組む人が多いようです。
これは、出産のために腹部についた脂肪をダイエットによって解消し、再びお腹をへこませてきれいなプロポーションになろうとしているのです。
骨盤の歪みを矯正する骨盤ダイエットと共に、ぜひお腹ダイエットを試して頂きたいところです。毎日ちょっとした心掛けを積み重ねるだけで、ワンサイズ下のズボンやスカートが履けるかもしれません。
美容だけではなく健康維持の為にも、お腹ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。