自転車ダイエットのメリット

数あるダイエットの中でも、自転車ダイエットならではの特徴や利点などはあるのでしょうか。
自転車に乗ることが日常生活の一部だということで、普段の運動をしながらダイエットという目的を果たせることに、自転車ダイエットのメリットがあります。
嬉しいことに、お金がかからないことも自転車ダイエットのメリットです。
エステなどは結構値段が高いですからね。
通勤、買い物など、今まで公的交通機関を利用していた人も、その料金がかからなくなるのが自転車ダイエットです。


自転車での移動は、ウォーキングやジョギングと同じく有酸素運動です。
ジョギングなどと違うところは、自転車の方が移動距離が長いことです。
メタボリックシンドローム予防や健康維持にも有酸素運動は有効です。
血圧や血糖値の正常化にも役立ちますし、脂肪燃焼度がよくなって痩せやすい体質へと改善されます。
有酸素運動は健康的なダイエットに強力な味方であり、ジョギングやウォーキングもやせるのに役立ちます。


行動範囲が広くなり、日々の用事をこなす助けにもなり、自然に運動も可能な自転車ダイエットはとても有益な方法ではないでしょうか。
自転車ダイエットは即効性には乏しいので1週間や10日で体質改善が終了するわけではありませんが、体に負担をかけず健康的にいつの間にか引き締まった体になっているダイエットです。
何かにつけて自転車を活用するクセをつけることで、日々の生活の中で体を動かす機会を得ることができるようになります。
まずは、最寄りのコンビニエンスストアなどに行くときに自転車で移動するなどしてはどうでしょう。


自転車ダイエットの効果

自転車ダイエットは、果たして体重減少にどれほど効果的なのでしょうか。
自転車の平均速度で15キロほど走行した場合の消費エネルギーは、1時間当り約180キロカロリーだそうです。
これは坂道ではない平地での計算になりますので、実際にはもう少し消費しているはずです。
自転車は速度を上げるともちろん消費カロリーも増えていきます。
時速20キロで走行したら、1時間当り約300キロカロリーになります。
自転車で時速30kmは難しいですが、時速20kmで1時間くらいなら可能ですよね?


自転車を使ったダイエットを長く続けるためには、自分に合うペースを見つけて実行することです。きつい運動をすることが目的ではないので、距離や目標時間を柔軟に定めてやりやすい習慣を作りましょう。
体に適切な負荷をかけながら運動ができるだけでなく、自転車に乗り続けることでスタミナがつきます。


自転車ダイエットの効果は、ただ消費カロリーを増やし、基礎代謝を高めるだけではありません。自転車をこぐと脚が太くなるので嫌だという人もいるかもしれませんが、太くなるまでには相当の筋肉を付けなければならないので心配はいりません。
適度な自転車運動を毎日続けることで、健康的にすらりとした下半身のプロポーションになることができます。
脂肪が落ちる前に一時的に太ったように感じる場合もあるようですが、自転車ダイエットでは、心配せずに継続することで、ダイエット効果が出てくるのです。


自転車でダイエット

エステに行かなくても家にある自転車でダイエットができます。
忙しい現代人は健康的な体を作るためにも、やせるためにも適度な運動は欠かせないことが分かっていても体を動かす時間が確保できません。
運動が面倒または辛く感じている人は、無理矢理運動をしようとしているのかもしれませんね。
しかし日常生活にうまく取り入れた自転車ダイエットなら効果的に行うことができます。


普段車に乗って買い物や用事を済ませていることを、自転車に乗って済ませることに変えてみるのです。
自転車ダイエットは、食べたい物を必死で我慢したり絶食をしたりせず、ごく自然にダイエットを続けることができる画期的な方法です。
エステやスポーツジムにあるエアロバイクに限らず、買い物や通勤に用いる通常の自転車でも、ダイエットエクササイズ用の自転車として十分に活躍してくれる道具となってくれます。
自転車に乗り続けることで消費する運動量は案外と大きいものになっています。
自転車に乗って坂道を上がったりスピードをつけて漕いだりすれば、体にかかる負荷が多くなるため、より多くのエネルギーを必要とします。


脂肪が燃焼し太りにくい体を作り上げるためにも、日々の習慣の中に自転車による移動を組み込むことは非常に有益でダイエットに役立ちます。
食べる量を減らすだけのダイエットでは、代謝力が下がって太りやすい体になってしまいます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。